素敵な和装に憧れる!着物を趣味にするなら把握しておくべき知識のまとめ

浴衣を夏祭りや花火大会で身につけたことのある人は多いでしょう。
そこから呉服という衣装に魅了され、留めそでや振袖、小紋などに挑戦しようとする人も少なくありません。
日本人女性に最も似合う衣装であり、着物を趣味にしようとする人も多いのです。
だが趣味にする際に把握しておかなければいけないことがあるんです。
当サイトでは、こうした呉服を趣味にする際に把握しておくねきことをBご紹介します。
当サイトが少しでもお役に立てることを願ってやみません。

素敵な和装に憧れる!着物を趣味にするなら把握しておくべき知識のまとめ

着物や和装を趣味にするならば、把握しておくべきことな何点かあります。
まずTPOにマッチした着物を選択しなければなりません。
早春なら、鶯など季節感のある文様の着物を選択するのがマナーです。
着物の保存方法にも注意があり、正絹をねらう害虫被害によって被害にあったり、日焼けなどを起こさないためにもきちんと桐ダンスを購入し、そこに呉服を保存しなければなりません。
所作についても、少し内また気味に歩いたり、立ったりすることでさらに美しさが増すようになります。

着物のラインナップが豊富な店舗の探し方

着物のラインナップが豊富な店はどこなのか?選べる数が多い店舗を選ぶのがおすすめです。
しかしどういったお店がラインナップが多いのか、東京のお店でお勧めのところを紹介していきます。
東京といえば、白瀧呉服店が約170年間続く老舗の呉服屋さんです。
着物の販売以外にも文化教室も開いており、茶道教室なども行って幅広く日本文化の伝承に貢献している会社でもあります。
その他「くるり」というところは実店舗だけでなく、ECサイトにも力を入れているところでもあるのです。
直接着物を買えるために、上級者の人は実物をも見ずに購入できるのが魅力といえます。
本社は表参道に構えていて、何かのショッピングのついでに着物ショッピングを楽しむと良さそうなお店です。
その他外国人向けに積極的に販売している呉服屋さんも存在します。
英語での説明も書いてあるお店で、海外から観光に来た外国人にも嬉しいといえそうです。
是非一度は足を運んでみてください。

初心者でも購入しやすい着物のグレード

和服の美しさが見直されており、若い世代にも着物に憧れる人が増えてきました。
種類も豊富にありますが、初心者の場合はどのようなグレードのものを購入すれば良いのかでも悩むところです。
着物に慣れていない人は、まずは普段着として着用しやすいものからがおすすめです。
特にカジュアルに着られるものとしては、浴衣があげられます。
安価で購入することができますし、着付けの練習に使うのにも役立ちます。
着物の扱いや着こなしに慣れてきたら、江戸小紋や小紋などのカジュアルなものを選んでみてはいかがでしょうか。
比較的安く購入することもできますし、ちょっとしたお出かけ着にも着ることができるので着用する機会も多くなります。
様々な場面で着用したい場合は、付け下げも向いています。
訪問着に準ずる着物となっており、色無地と訪問着の利点を兼ね備えているのも良いところです。
幅広くオールマイティーに着用できるものとなっていますので、一枚持っておくと便利です。

着物とセットで用意する帯揚げや帯枕

着物を購入するときは、着付けに必要な小物も用意しておく必要があります。
着物には帯も欠かせない存在ですが、帯単体では使うことができません。
帯結びに必要な小物類も一緒に用意しておきましょう。
帯を結ぶときは立体感を出す必要がありますが、そのときに役立つのが帯枕です。
幅や高さ・ふくらみ具合もそれぞれ違いがありますので、着用する着物に合わせて最適なものを選んでいきましょう。
高さのあるものは華やかさを出すことができますし、薄くて小さいものは落ち着いた印象になるのでカジュアルな装いに向いています。
帯揚げは帯をしっかりと締め安定させることができますし、形をよりきれいに見せるのに役立つ小物です。
和装コーディネートのアクセントにもなるので、より華やかな印象にすることもできます。
着物を引き立てたい場合は同系色の帯揚げを選ぶと良いですし、より華やかな色にしたい場合は、はっきりとした色合いのものを選ぶと良いでしょう。

着物の下着として裾除けが必要な理由

着物を着るときは、洋服のときとは違い下着も違うものを着用します。
和服用の下着にもいろいろなものがありますが、裾除けも欠かせない存在です。
なぜ、この下着が必要なのか省略できないのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。
裾除けは着物の腰から足首までを覆うものとなっています。
腰巻タイプやパンツタイプなど様々な種類がありますが、一般的には長襦袢の下に着用します。
下半身の保護に役立つことはもちろん、裾裁き良くし着崩れを防ぐ効果もあります。
着物の裾部分が傷むのを防ぐという大事な役割もあります。
日本舞踊などの踊りのときや、強風のときに着物がまくれあがったときに素肌が見えなくするのにも役立ちます。
パンツタイプは足回りの素肌のすれを防ぐ効果もあり、足さばきも良いので暑い時期などにも向いています。
季節によって向いている素材にも違いがありますので、シーズンや着用する和服の種類に合わせて最適なものを選んでいきましょう。

着物に関する情報サイト
着物のまとめサイト

浴衣を夏祭りや花火大会で身につけたことのある人は多いでしょう。そこから呉服という衣装に魅了され、留めそでや振袖、小紋などに挑戦しようとする人も少なくありません。日本人女性に最も似合う衣装であり、着物を趣味にしようとする人も多いのです。だが趣味にする際に把握しておかなければいけないことがあるんです。当サイトでは、こうした呉服を趣味にする際に把握しておくねきことをBご紹介します。当サイトが少しでもお役に立てることを願ってやみません。

Search